人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2024年 02月 03日
「ヴェスパーズ」お前もか!
「Jass at Ohio Union」以外のジョージ・ルイス(cl)のおすすめ盤は?と問われて、「Jazz at Vespers」(録音1954年)を挙げる方は多いかと思います。教会での録音であり、Vespersとは晩祷(ばんとう)、夕べの祈りのことだそうです。神秘的・幻想的な深い残響の中、沈み込むようなゆったりしたテンポで進行する精妙なアンサンブルは、「スピリチュアル・ジャズ」の先駆として挙げられることもあるようです。
「ヴェスパーズ」お前もか!_e0234219_10114126.jpg
自分もLPレコードで聴き馴染んだこの美しい演奏ですが、いつのまにかJazzology Records(Amarican Musicレーベル)から未発表テイクを含めた完全版CDで再発されていて(1993年)、さらには現在Youtubeで聴けることに気付いたため、通して聴いてみました。

Youtubeプレイリスト(アルバム全曲)

例えばこれとか。

LP版(Riverside盤)に無かったこうした未聴音源↑の存在(1956年初発売時のマイナーレーベルEmpirical盤の収録曲だそうです!ほぼテーマを吹いてるだけですが)にも興奮しつつ、ああやっぱり良いなあ・・・と感じ入った次第です。

しかし何曲か聴いたところで、さて俺も塩ビ管サックスでひとつ合わせてみよう笑、とコード音をぽつぽつ吹き始めたところ、

ん?キーが半音低い?キーA?

えっ次の曲も半音低い?キーD?

なにこれ??「聖者の行進」(通常はキーF)でキーEはさすがにあり得ない笑

讃美歌では(鍵盤伴奏が標準のためか)キーGなど様々な調性の曲があるようですが、本件録音は聖歌隊との共演があるわけでもないジャズバンドのみの編成なので、手慣れた曲(大抵はキーB♭、F、E♭、A♭)を全部わざわざ半音下げて稀有なキーA、E、DやGで演奏すべき理由があったとは考えられません。また、たとえ共演者が居た場合であっても、このバンドが手慣れた曲を半音下げて演奏した例は寡聞にして知らず、おそらく絶無と思われます(調べてませんが)。半音下げるという器用な対応は、たとえ他のメンバーには出来ても、1892年生まれの老兵ジム・ロビンソン(tb)さんにはハードルが高そうだからです。

とすると、どうやら長年にわたり世に出回っている「Jazz at Vespers」収録の大半の曲は、再生速度(ピッチ)が誤って遅く設定されているようです。原盤から採録した際の回転あわせが甘かった(採録時の原盤側の回転数が遅かった)ものと思われます。

事態を把握すべく、このYoutubeのアルバム全曲につき鍵盤(中古カシオトーン)と比較したところ、全12曲中
 3. Just a closer walk with thee(キーB♭)
 7. Take my hand precious Lord(キーA♭)
の2曲だけ合格で、他の10曲は全て不合格(通常のキーよりもほぼ半音低い)!でした。低さの程度はこれら10曲の間では同等でした。というか、2曲のピッチ誤りに気づいて修正した制作者は、他の曲も修正して頂きたいですよね(怒)。

70年近く前の1956年に発表され、米国のほか英独日仏でも発売されてきた実績(Discogsによる一覧)のある「ヴェスパーズ」ですが、これほど人気の高い重要音源の再生速度(ピッチ)が、実は現在に至るまでずっと狂ったままだというのですから、これは「灯台下暗し」というか・・・結構まずい状況です。半音ものピッチずれは、演奏をコピーないし分析しようとする演奏者にとっては顕著な障害だったのではないでしょうか。

さて、以下DIYによる解決です。別稿「徳間Dan盤バンク・ジョンソン他、再生速度が遅かった模様(LP・CDとも)」と同様にフリーソフトSoundEngine Freeを使い、再生時間を95%に縮めることで再生速度を上げ、修正版を作成してみました(素材は手持ちの1957年Riverside盤LP音源、ハムノイズすみません)。

例:「Just a little while to stay here」一般的なキーはA♭(George Lewisはほぼこれ)あるいはF(Paul Barbarin等)
 [1]流通版。タメの大きいリズムが荘厳な雰囲気とも言えますが、キーはG??(通常あり得ない)
 [2]修正版。キーは普通にA♭です
こうして再生速度をびっちり修正した音源を聴くと、長年慣れ親しんだ切々と訴えかけるような情感はかなりが再生速度の遅さに起因した幻影であったこと、実際には思っていたよりも少し速いテンポで歯切れよく演奏されていたことがわかり、なかなか新鮮です。この速いテンポは同年(1954年)のコンサート録音である「Jass at Ohio Union」の一連の演奏と共通しており、そうか実は同じ調子でやっていたのか!と膝を打つ結論でもあります。アルトン・パーネル(p)のソロなど益々ダイナミックで、入道雲を越えて羽ばたく(歌詞のとおり)かのようですね。ジョー・ワトキンス(ds)のヴォーカルが思ったより甲高くて、若い!というか、あの艶やかな低音の美声の印象は誤りで、本当の声は少々チンピラ感の入ったダミ声だった?うへえ信じたくない・・・笑

  *  *  *

この種の再生速度の誤りは時々ある現象らしく、その多くは「回転数80rpmや82rpm等で録音したSP原盤を不適切にも78rpmで再生しながらダビングする」ことによって生じるそうです。ネット上ではこの問題に関して秀逸な考察がありました("Louis Armstrong's‘Cornet Chop Suey'(1926). What key is it in?" Norman Field 2005)。結構初歩的に見えるこうした欠陥の発見や修正が、いまだにリスナー側に丸投げされたままというのは驚きです。


# by jazzboilers | 2024-02-03 10:25 | ディスクレビュー
2024年 01月 02日
あれっ案外いける?その2、ビッグ・アイ・ネルソンを聴く
録音の残っているジャズクラリネット奏者の第1世代として、アルフォンス・ピクーと並んで名前が挙がるLouis "Big Eye" Nelson Delisle(cl, 1885–1949、ドリールと読むらしい)。
晩年になって録音された米国盤(American Musicレコード)の音源は、70年代に日本盤LP(その1その2)としても発売されていたのですが、圧倒的に古風なスタイルのためか、その演奏内容が注目されることはほぼありません。
これら2枚の日本盤LPも、半分はKid TomasのB面、残り半分はAlbert BurbankのB面と、なんだか気の毒な扱いです。笑

そんな目で 俺を見るなよ ビッグアイ 

自分も初めて聴いた頃(80年代末)の印象は、George Lewis (cl)やAlbert Burbank (cl)の張りのある音色と華やかな表現力、Emile Barnes (cl)の原始的なルーツ感、あるいはPaul Barnes (cl)の軽妙洒脱さに比べて、Big Eye Nelsonは線が細くて地味・・・というものでした。素朴なおとぼけラグタイム曲「Black cat on the fence」のイメージもあって、まあ古さが取り柄の骨董品なのかなー?と思って当時は興味が持てなかったのですが、
Jazzologyから再発されているアルバムがYoutubeで聴けるようなので、改めて今般通して聴いてみました。
1949年5月と7月の計20曲が収録されています(なお同年8月20日没とのこと、享年64歳)。

譜面が基本と思われる繰り返しの多い、自己主張の淡白な演奏ですが、慣れてくると、あれっ、案外いける・・・?

Youtube音源(7曲目はPork chopとなっていますがSouthですね)

同ディスコグラフィー(パーソネル情報あり)

特徴的と感じた要素は以下のとおり。
・一言でいえば端正!慣れると調和的で心地よい
・アドリブでの自己表現よりも譜面に従ったかのような、ダンスの伴奏らしい控えめな立場に終始
・隅々までしっかり吹いており技術が高い。特に衰えている印象なし
・ときどき最後の1小節を吹かずに丸々空ける(次に何か来るときにこれをやってる模様。合理的で好ましい)
・野人Wooden Joe Nicholas(tp)との演奏は野人が気まぐれすぎてミスマッチ気味(Albert Jilesのdsも散漫でよくない)
・本来の相棒と思われるCharles Love (tp)との演奏はなかなか良い。手数ほぼゼロのErnest Rogers(ds)もタイトで好印象
・後半のライブ録音8曲(7月の録音=LP未収録だった?)はtp, cl, p, dsの4人編成ながらこれまた端正で良い
・演奏が短いのも良い

ニューオリンズのリバイバル系ジャズというと、ルーツ的な濃厚な表現や、力強く華々しい演奏が好まれますが、Big Eye Nelsonの一連の演奏は対照的な上品さです。
ジャズ的あるいはルーツ的な自己表現、あるいはドカンと来る盛り上げを求めて聴くと物足りないのかもしれませんが、慣れてくるとそれなりに変化に富んでいて意図がはっきりしており、自分的にはなかなか楽しめました。録音の音質も意外に良いですね。

古ければ良いとか、地味ならば良いというものではなく、古くて地味でも駄目な演奏は沢山あるわけですが、こうした古参の人たちの穏やかな演奏にしばしば現れる品質感や静かな感情表現というのは、なかなか良いものです。最近はこうした穏やかな演奏が結構楽しく聴けるようになってきて、公園で空き缶とか叩いて喜んでいるお前が何を言ってるんだと、自らへの突っ込みを禁じ得ません。笑


# by jazzboilers | 2024-01-02 19:59 | ディスクレビュー
2023年 11月 14日
あれっ、案外いける・・・?「2代目ジャズ王」フレディ・ケパードを聴く
初代ジャズ王Buddy Bolden(コルネット, 1877–1931)に続く2代目ジャズ王、と呼ばれることもあるFreddie Keppard(コルネット, 1890–1933)。
1916年にVictorからの録音の申し出を断って、歴史上初のジャズ録音の名誉を逃したエピソードが知られていますが、
サッチモ(Louis Armstrong, 1901–1971)よりも一世代前の奏者とあってか、その演奏内容が注目されることはほぼありません。



自分もリバイバル系の人間なので正直なところ専門外、Johnny Dodds (cl)と共演した数曲ぐらいしか聴いたことがありませんでした。
しかし全録音を集めたアルバムがYoutubeで聴けるようなので、今般通して聴いてみました。
録音は1923-26年の29曲程度があるようです(推定含む)。
ほぼ大正時代の音楽なので古色蒼然ではありますが、慣れてくると、あれっ、案外いける・・・?

Youtube音源(ほぼ全録音が録音日順に並んでいる模様)

おそらく全曲のディスコグラフィー(録音日順、パーソネル情報あり)

特徴的と感じた要素は以下のとおり。
・基本的に八分音符と三連符ガッチガチ
・音色が太い!ときどき入る荒々しいウェイルが迫力あり
・ここぞというところでグロウルが入る。ひゃっほーい
・ワウワウミュートもハットミュートも意図が明確で楽しい
・隅々まで丁寧に吹いており、熱量高い。特に衰えている印象なし
・編曲がぎちぎちに凝っていて力作ぞろい
・Paul Whitemanなどの後発白人バンドに比べてワイルドかつグルーブ感が強め
・共演者は無名の人が多いがBuster Bailey (cl)、Jimmie Noone (cl)やJohnny Dodds (cl)の参加は豪華。John St-Cyr (bj)やJoe Poston (as)の名も

コルネットの芸風としてはKing OliverとかNatty Dominiqueに近いところでしょうか?いやむしろ当時は皆がKeppardを模倣したという話もあります。あと、この種の芸風を極端に単純化するとKid Thomas Valentineに行きつくような。笑
サッチモの変奏にみられるリズムやメロディの斬新なアイデアに比べると、ジャズファンの耳には物足りないのかもしれませんが、慣れてくると上記各要素だけでも変化に富んでいて、自分的にはなかなか楽しめました。録音の音質も意外に良いですね。

ダンス音楽の時代の音源ですので、プレイよりも編曲を中心に聴くかんじになりますが、それもまあ外国古典文学でも読むように、当時なりの自由な着想や進取の気風を好意的に拾いながら、温かく鑑賞するのが吉かと思いました。

・2023.12追記:Classic Jazz On Lineのサイトがお亡くなりになったようで、同サイトの検索機能を使ったディスコグラフィーの一発生成が出来なくなりました。仕方ないのでDiscogsRed Hot Jazz Archive(The Syncopated Times)から情報を拾って、ディスコグラフィーをざっくり自作してみました。こういうものは今後はもう都度自作するしかないの?!あまりに時代錯誤な面倒さで、悪い冗談としか思えません。

Freddie Keppard discography (may be incomplete)
Cutie BluesErskine Tate's Vendome OrchestraErskine Tate (dir, bj), Angelo Fernandez (cl), Buster Bailey (cl, as), Freddie Keppard (cor), James Tate (cor), Jimmy Bertrand (ds), Adrian Robinson (p), Norval Morton (ts), Fayette Williams (tb)Chicago, IL1923/6/23Okeh 4907-B
Chinaman BluesOkeh 4907-A
Scissor-Grinder JoeCook's Dreamland OrchestraJoe "Doc" Poston (as), Stan Wilson (bj), Jimmie Noone (cl), Clifford "Clarinet" King (cl, as), Elwood Graham (cor), Freddie Keppard (cor), Bert Greene or Fred "Tubby" Hall (ds), Antonia Spaulding (p), Jerome Pasquall (ts), Fred Garland (tb), Bill Newton (tu), Jimmy Bell (vin)Richmond, IN1924/1/21Gennet 5374-A
Lonely Little WallflowerGennet 5373-B
So, This Is VeniceGennett 5360-A
Moanful ManGennet 5373-A
The Memphis Maybe ManGennet 5374-B
The One I Love Belongs To Somebody ElseGennet 5360-B
Messin' AroundCookie's GingersnapsJoe Poston (as, ts, vo), John St-Cyr (bj), Clifford "Clarinet" King (cl, as), Jimmie Noone (cl, as, vo), Freddie Keppard (cor), Unknown Artist (ds), Kenneth Anderson (p), Fred Garland (tb)Chicago, IL1926/7/22Okeh 8390-A
High FeverOkeh 8369-A
Here Comes The Hot Tamale ManOkeh 8369-B
Love Found You For MeOkeh 40675-A
Here Comes The Hot Tamale Man!Cook & His Dreamland OrchestraJoe Poston (as), John St-Cyr (bj), Robert Shelly (bj), Jimmie Noone (cl), Clifford King (cl, as), Jerome Pasquall (cl, ts), Elwood Graham (cor), Freddie Keppard (cor), Andrew Hilaire (ds, Vo [Vocal Breaks]), Kenneth Anderson (p), Fred Garland (tb), Rudolph "Sudie" Reynaud (tu)Chicago, IL1926/7/10Columbia 727-D
Brown SugarColumbia 813-D
High FeverColumbia 813-D
Spanish MamaColumbia 727-D
Sidewalk BluesGeorge Mitchell (cor [may replace Keppard])1926/12/2Columbia 862-D
Alligator CrawlDoc Cook & His 14 Doctors Of SyncopationJoe Poston (as), William Butler (as, vin), John St-Cyr (bj), Jimmie Noone (cl), Elwood Graham (cor), Freddie Keppard (cor), Andrew Hilaire (ds), Jerome Carrington (p), Clarence Owens (ts), Fayette Williams (tb), Bill Dawson (tb), Bill Newton (tu)Chicago, IL1927/7/11Columbia 1298-D
Willie The WeeperColumbia 1070-D
Brainstorm1927/7/15Columbia 1298-D
S.L.U.E. FootColumbia 1070-D
Stock Yard StrutFreddie Keppard's Jazz CardinalsJohnny Dodds (cl), Freddie Keppard (cor), Arthur Campbell (p), Eddie Vincent (tb), Jasper Taylor (wood block)Chicago, IL1926/7/26Paramount 12399-A
Salty Dogadd Charlie Jackson (vocal chorus)Paramount 12399-B 2653-1
Salty DogParamount 12399-B 2653-2
Stomp Time BluesJasper Taylor And His State Street BoysJohnny Dodds (cl), Freddie Keppard (cor [Possibly]), Tiny Parham (p), Eddie Ellis (tb), Jasper Taylor (wbd)Chicago, ILcirca Jan, 1927Paramount 12409
It Must Be The Blues


# by jazzboilers | 2023-11-14 20:06 | ディスクレビュー