人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2014年 04月 12日
マーティーさんが帰国されます
マーティーさんが帰国されます_e0234219_933921.jpg大変残念ですが、当バンドのクラリネット奏者のマーティン・ピータース(Martin Peters)さんが、ご勤務先(神奈川歯科大学・教授)の定年退職に伴い、6月上旬をもって米国に帰国されることになりました。

マーティーさんは米国ミズーリ州カンザスシティ生まれ。1984年?に来日され、帝京大学~神奈川歯科大学で医療英語を教えるかたわら、休日にはディキシーランドジャズのクラリネット奏者として、プロやアマチュアの数多くのバンドに混じって活躍されました。阿佐ヶ谷ジャズストリートで「ディキシーモダンボーイズ」の一員として街を巡回した際のインタビュー映像はYoutubeで見ることができます(→こちら。3:37~)。


マーティーさんが帰国されます_e0234219_943469.jpgジャズボイラーズでは結成前の1995年10月に井の頭公園に遊びにいらして、そのまま中心的メンバーとして現在まで19年間、ほぼ毎月出演して頂きました(現在までで計173回)。ベニー・グッドマンやウィリー・ハンフリーの影響を受けた伸びやかな演奏と、客席にどんどん入って行くエンターテイナーぶりで大人気であり、ジャズボイラーズには無くてはならない最高のスタープレイヤーです。公園で演奏するというバンドの性格上、夏は暑く冬は寒く、雨雪が降れば中止になってしまうわけですが、どんな悪条件も楽しんでしまう前向きで明るい性格には、メンバー一同いつも勇気付けられ、バンドの原動力となっていました。

カンザスシティご出身の縁から、2000年に下田卓さんの「カンザスシティバンド」の米国ミズーリ州「Kansas City Blues & Jazz Festival」出演を支援、日米オールドジャズ界の架け橋としても貴重な役割を果たしました。


マーティーさんが帰国されます_e0234219_9122590.jpgジャズボイラーズ参加当初には5歳児だった愛娘のサラちゃんも現在では米国で音大を卒業され(ヴァイオリン奏者)、マーティーさんは奥様のキョウコさんと横須賀で暮らしておられましたが、今般のご退職を機にご夫婦で、お母様とお兄様・お姉様が住まれるカンザスシティに転居されることにしたそうです。転居後も毎月飛行機で来てくれるようにお願いしたのですが、そうもいかないとのこと(そりゃそうか)。バンドとしては大変残念であり、バンド運営上も大きな痛手ですが、ご家庭のご都合なので受け入れるほかないものです。クラリネットの後任は未定です。

マーティーさん、今まで本当にありがとう!5/3(土祝)の吉祥寺音楽祭と、できれば6/1(日)のどこかでの大道芸がジャズボイラーズでの最後の出演となりますが、6月は雨の場合に中止になってしまいますので、マーティーさんに会いたいファンの方やプレイヤーつながりの方は、5/3(土祝)の吉祥寺音楽祭(Loft吉祥寺店入口)に是非遊びにいらして下さい(4-6pm)。終演後の飲みのご参加も大歓迎です。

by jazzboilers | 2014-04-12 09:43 | ライブレポート


<< 少年時代のココモジョーらしき動...      1/13(日)上野公園「すり鉢... >>