人気ブログランキング |
2019年 02月 06日
Youtubeでリバイバル系音源が激増、広告収益&定額制へ誘導か
ふと気がつくと、Youtube上のリバイバル系ニューオリンズジャズの音源(音声つき静止画)が、大幅に増加していました。かなりの数の現在販売中のアルバムが、自動生成のプレイリストの形式で、丸ごとアップロードされています。とくに、(モグリの個人ではなく)リバイバル系の総本山であるJazzologyレコード(American Music、GHBほか傘下レーベル含む)の公式らしき音源が出始めたのが衝撃的です。過去50年にわたってリバイバル系の音源の過半数を販売してきた最大手が、手持ちの音源を突然無料で公開し始めたようです。
e0234219_18212696.jpg
例えば以下のような調子です。(いずれもYoutubeへの直接リンクです)
ジョージ・ルイス - トピック ←フリージャズのジョージ・ルイス(tb)さんが結構紛れ込んでますが笑

Jazzologyの音源をアップロードしているのはThe Orchard Enterprisesとなっています(ソニー傘下の会社らしい)。どうやらJazzologyその他幾つかのレコード会社は、(ファンの高齢化と未発表音源の枯渇で低迷していたであろう)CDやダウンロードによる音源販売に半ば見切りをつけて、このような配信会社?に配信を委託することで収益を得る試みを始めているようです。おそらく、動画再生時に出てくる広告(現状出てきませんが)か、あるいは、広告無し&オフライン再生可能が売りの定額有料配信(Youtube Music=米では2015年、日本では2018年11月に開始)から配信会社が収益を得て、レコード会社に還元する仕組みと思われます。Youtube Musicはオフライン再生が通信データ量の節約になるので、スマホの人にはそれなりに需要があるのかもしれません。しかし自宅パソコンやwifiのように、通信データ量消費の心配がない環境であれば、これらの音源が無料で無制限に聴ける状態になっています。これは凄い。

アップロード日は2014年ぐらいから始まっていますが、気がつきませんでした。公式の告知はJazzologyのサイトでも見当たりません。アップロードされているのはJazzologyが保有する音源のうちかなり高い割合のようです。定番ないし古典というべき重要な音源(主にAmerican Music Records名義の、こういう↓オレンジ色のラベルのもの)も多く含まれており、充実ぶりは目を見張るものがあります。


残念なのは、各楽曲の動画につけられた情報がリーダー名またはバンド名とアルバム名のみであって、ジャズで重要であるメンバー名(サイドマン名)のクレジットがほぼ皆無であり、検索性が悪いことです。無料のものにそこまで期待するのは酷なのでしょう。ひと手間かかりますが、各動画につけられているアルバム名でGoogle検索すれば大抵Discogsとかの情報が出てきます。もっと言えば、Jazzologyのサイトで任意の演奏者名(サイドマン名でもOK!)で検索してアルバム名を調べ、出てきたアルバム名でYoutubeを検索すれば、かなりの確率で音源がフルに聴けてしまいます。うへえ、こんなこと出来ちゃっていいの?自分はつい去年までJazzologyからCDやダウンロード音源を買ってたのに、なにか変な夢でも見ている気分です。

そして他のレコード会社にも同様の動きがあるようです。(いずれもYoutubeへの直接リンクです)
[Atlantic]
[Riverside]
[Mardi Gras Records]

その結果、リバイバル系ニューオリンズジャズの重要な音源のシリーズのうち、現時点でYoutubeに公式音源が出ていないのは既に少数派となっており、もはやBiographレコードのCenterシリーズの一部と、RiversideレコードのNew Orleans The Living Legendsシリーズの一部ぐらいかという状況です。

そもそもリバイバル系の黄金期である1950-70年代ぐらいの録音については、著作物の保護から利用へと転換する時期が早晩来るものではありますが、インターネット(とりわけYoutube)によって生じた音楽産業構造の変化がそれを一瞬で追い越してしまった感があります。これだけの名盤が(自宅限定とはいえ)全部無料で聴けてしまう現実は、リスナーとしても演奏者としても歓迎すべきことなのでしょうが、レコード産業の断末魔の様相にも見えて痛ましくもあります。

それと、音源と標題だけでクレジットもライナーノートもない現状はいかにも「野ざらし」というか、情報不足と情緒不足が顕著であり、各音源の歴史的意義、録音に至った経緯、録音時の情景、製作者の情熱、演奏者の人柄や当時のシーンの熱気が伝わらず、米国の至宝であったはずの音源の価値を風化させてしまいかねない印象です。かといってライナーノートを読むためだけにCDを買うかというと、それも中々難しい気がします。となると各レコード会社さんは、保有する全音源のアルバムのライナーノートを1冊にまとめた電子書籍でも作り、Youtubeの音源動画からリンクをつけて10ドルぐらいで販売したら多少稼げるだろうにと思いました。美術館だって有料音声ガイド端末(あれ結構いいですよねー)で小銭を稼いでいるご時勢、コンテンツ数が増大した局面で求められるのは、専門家ないし目利きによるガイドなりキュレーションだと思います。


# by jazzboilers | 2019-02-06 18:01 | ディスクレビュー | Comments(0)
2019年 02月 03日
サイトを改装しブログを整理
ジャズボイラーズのウェブサイトを改装し、これに伴い、
ライブ当日の催行情報はサイトのトップ頁に出すことにしました。今後はそちらをご参照下さい。

この機会に当ブログを整理し、情報としての役割を終えた過去の当日催行情報を削除しました。
結果として長文記事ばかりが残り、一気に読むと胃もたれがしますが笑、今後も時おり書くと思います。


# by jazzboilers | 2019-02-03 08:32 | Comments(0)
2018年 11月 03日
著作権切れジャズ音源の海外サイト「Classic Jazz On Line」が凄い
これ有名なんですかね?無料で聴ける著作権切れジャズ音源の海外サイトを発見しました。

「Classic Jazz On Line」http://www.jazz-on-line.com/index.htm
e0234219_12123899.jpg
ネット上では、マイルス・デイビス、チャーリー・パーカー、カウント・ベイシー等モダンジャズやスイングジャズの音源サイトとして注目している方がおられるようですが、実はLouis Armstrong (tp), King Oliver (cor), Sidney Bechet (ss)などトラッドジャズ(特に戦前のアーリー・ジャズ)が相当に充実していました。ブラウザでのストリーミング再生のほか、MP3形式でのダウンロードも可。音質はそこそこ良いです。

・使い方(日本語記事=Naverまとめ):
【フリー】Jazzパブリックドメイン曲を聴こう【MP3ダウンロード】

どれだけ深い沼なのか、まだ見えていませんが・・・さしあたり気づいた特徴は以下のとおり。

[1]演奏者名で検索できる。リーダー名だけでなくサイドマンの名前でもOKなのが嬉しい。検索結果が録音日順に出てくるのも嬉しい。

[2]曲名でも検索できる。例えば「Tea for two」で検索したところ、ヒット(一致)は60件と異様に多く(こちら)、かなりの網羅性が期待される。

[3]録音年でも検索できる。1916年で検索してヒットがあるのも驚き(古すぎて、演奏はほぼジャズでない)。

[4]戦前のアーリージャズの音源、とくに1920-30年代のビッグバンドやスモールコンボが相当に充実している。Louis Armstrong (tp)の初期、King Oliver (cor)、Jerry Roll Morton (p)の音源は(完全ではないにしても)かなり揃う模様。知名度の低い音源や無名ビッグバンドの音源も丹念に集めている印象であり、収蔵音源の充実度は、体感的にはYoutubeの20倍ぐらいか。

[5]これに対し、(日本のアマチュアバンド界隈で人気の)ニューオリンズ・リバイバル系の音源はほとんどない。「George Lewis」(cl)と「Bunk Johnson」(tp)が若干出てくる程度。とくにAmarican Musicレーベル等のニューオリンズのローカル音源はほぼ皆無であった。現在の発売元であるJazzologyレコードがクレームないしお願いを入れているのかもしれない(これを許したらJazzologyは潰れてしまうし)。
 例えば、ローカル音源での録音に終始した「Percy Humphrey」(tp)だとヒット0件なのに対し、兄の「Willie Humphrey」(cl)だと1926年や1936年のビッグバンド(知らなかった!)が30曲も出てきた。あの妖怪クラは若い頃からの芸風と判明。
 また、きわめて優れたドラマーでありながら同じくローカル音源での録音に終始した「Louis Barbarin」(ds)だと1曲しかヒットしないのに対し、一時は全国区に進出していた兄の「Paul Barbarin」(ds)は155曲、しかもKing Oliver band等の著名音源のほか「Blue Lu Barker With Danny Barker」(1938、1949)などという興味深い未聴音源がざくざくヒットした。Punch Miller (tp)の1920年代の録音は知ってたけど、Louis Cottrell Jr. (cl)の1936年のビッグバンド録音なんて誰も聴いたことないのでは?リバイバル系のファンにとってもこうした周辺領域の音源探索には有用とみられる。

[6]スマホでは使いづらそう。パソコンで立ち向かうのが正しい態度か。

[7]代表的なアーティスト(「Cab Calloway」など29人)については、流しっぱなしで聴くためのプレイリストが用意されている。トップページの「PLAYLIST」をクリックすると一覧が出てくる。アーティスト名をクリックするとm3uファイルがダウンロードされ、このm3uファイルを開くとストリーミングで再生される。再生中に曲名が表示されないのが残念。再生は小一時間で終わるので、当該アーティスト全曲ではなくサワリ程度である模様。


真骨頂はやはり上記[1]~[3]の検索機能でしょう。個人的には「Baby Dodds」(ds)で検索して出てくる1947年の一連の"This is jazz"ラジオ番組音源、「Sidney Catlett」(ds)で出てくる1940年代の各種スモールコンボなど、多数の未聴音源に驚くと共に、キレッキレのドラムプレイにうっひゃー・・・となりました。まさに人類の遺産!

他方、何から検索したらいいかわからない人は、まず上記[7]の「PLAYLIST」(=有名どころです)からランダムに聴いてみて、良いかなと思った演奏者名を「LISTEN & DOWNLOAD MP3」で検索し、さらに気になった共演者名をつてに検索して行くと良いかと思います。さしあたり「Louis Armstrong」(tp)での検索結果はこちら(773曲!)。

サイトは2001年から存在するそうで、収録は現在5万2千曲、毎日10曲ずつ聴いても14年かかる計算です。「アーリージャズの国会図書館」というべき充実度でしょう。これが自宅で無料で聴けて、ダウンロードもOKだなんて、恵まれた時代になったものです。一般にアーリージャズは音質が悪いだけでなく、知名度の低いバンド・演奏者・楽曲が多数存在しているため、オリバー、モートン、初期サッチモや初期デューク・エリントンなどの有名どころを除くと、我々演奏者であってもリバイバル系の人間には手が出しにくい暗黒の領域、コアなコレクターしか立ち入れない領域でしたが、このサイト(とWikipedia)の助けがあれば、大抵の楽曲で最古の録音やオーセンティックな初期のヒット録音にたどり着ける上、メンバー間での共有にも利用できて便利です。古典通の新鋭バンドTuba Skinnyさんなどは、ネタ探しにこういうツールを使っているのかもしれません。これほど強力な無料アーリージャズ情報源が手元にあるとなれば、これからのニューオリンズジャズはアーリージャズ系とコンテンポラリー系とに二極化してゆき、味わい深いリバイバル系はますます先細りしてゆくのかな、とも思いました。


# by jazzboilers | 2018-11-03 12:16 | ディスクレビュー | Comments(0)