2018年 01月 28日
徳間Dan盤バンク・ジョンソン他、再生速度が遅かった模様(LP・CDとも)
これ常識ですかね?リバイバル系のニューオリンズジャズの手持ちの音源を、片っ端から鍵盤(愛機カシオトーン)と比べてみたところ、American Musicシリーズ日本盤(徳間Danレコード)の「バンク・ジョンソン1944」「ジョージ・ルイス」「キッド・ショッツ・マディソン」など一連の音源は、かなりの割合で音程(ピッチ)が本来よりも半音ほど低いこと、及びその原因がおそらく再生速度の遅さにあることに気がつきました。チューナーで調べるとカシオトーンの調律はやや高め(A=442Hz?)のようですがそれを考慮しても、このピッチの低さはまずいレベルでしょう。

「バンク・ジョンソンは変なキーでやっている?」「1944年当時の演奏は楽器の調律が異様に低い?」という話は聞いたことがある気がしますが、このピッチの異様な低さは「American Musicシリーズの徳間Dan盤」のみに生じているようであり、同じ奏者でも他レーベル(Decca, V-disc, RCA Victor等)の録音では一般的なキーやピッチで演奏しているようです。そうとすると、徳間Dan盤の再生速度の設定に、誤りがあったとみるのが合理的と考えざるを得ません。原盤のSPから採録した際の回転あわせが甘かった(SP側の回転が遅かった)ものと思われます(*注1)。

しかも、中には再生速度が適切な曲もあり、遅さ(音程の低さ)にも強弱があるため、1曲ずつ個別に検討する必要があります。驚いたことに、これは70年代に発売されたLP(*注2)だけでなく、90年代に再発されたCDにも引き継がれているようです。

市販のLPやCDの再生速度が狂っていたというのですから、ちょっとひどい話です。半音ものピッチずれは、演奏をコピーしようとする人にとっては顕著な障害だったのではないでしょうか。「バンク・ジョンソン独特の暗い音色が・・・」としばしば言われますが、それもこの再生速度の遅さに由来する部分が多々あったのではと思います。

これら徳間DanのLPやCDを今も大事に聴いている方、一度ぜひ、現在米国Jazzology等から出ている同じ音源(Apple Musicでサンプルが聴けます)と聴き比べてみて下さい。Jazzology等の音源は音程を基準に再生速度を調整しているようで、どの曲も一般的なキーで演奏されており、聴感も自然でした(ただし誤って半音低く調整されている曲もありました)。オリジナルのSP盤や10インチ盤のピッチは存じませんがこれも本質的情報ではなく、いずれにせよ録音物がドキュメンタリーである以上、その再生速度は、その曲が録音時に演奏されたであろう音程にピッチが合致するように、調整・決定されるべきでしょう(*注3)。

e0234219_16295700.jpg
例えば写真の徳間Dan日本盤CD「バンク・ジョンソン1944 Vol.3」(1998年徳間ジャパン、TKCB-71386)は、同シリーズでも屈指のエキサイティングな演奏集であり、スイング・ジャーナル誌ゴールドディスクにも選定されているようですが、録音のピッチはというと、1曲目のPanamaだけ正しいものの、2曲目以降の10曲は全滅(すべて半音ほど低い)!でした。曲によって低さに強弱がありました。

例:同2曲目「Walk through the streets of the city」一般的なキーはF
 [1] 徳間Dan日本盤CD。キーはE??(=通常ありえない)

 [2] Jazzology盤(Apple Music サンプル頁より)。キーは普通にFです


さて、デジタル化された音声データの再生速度は、パソコンを使って自分で修正することができます。ただし手間がかかるため、あくまで根性のある方向けです。貧乏性で根性のある私は適任と思われたため(笑)、フリーソフト2種(itunes, SoundEngine free)を使って修正しました。手順は概ね以下のとおり。

1. itunesを使って、CDから音声データをwav形式でパソコンにインポートする。
2. インポートした音声データをSoundEngine freeで1曲ずつ開き、鍵盤の音と比較しながら再生する。
3. もし音声データの音程が、一般的なキーによる音程よりも低ければ、音程タブの「時間伸縮」で再生時間(曲の全長)を少しずつ短縮することで、音程を上げてゆく。
4. 納得のいく音程になったところで、これを保存する。

再生時間を94~96%にすると大体半音上がって、変なキー(A、E、G等)から一般的なキー(Bb、F、Ab等)になります。再生時間を短くするほど、再生速度が上がることに相当するため、ピッチが高くなります。鍵盤の音に合わせてピッチを微調整する作業は、楽器の調律に似ています。ドラマーの私ですが箱ベースや箱バンジョーを作った経験から、調律だけは結構やってます。

SoundEngine freeを使った修正の手順については、こちらにヒントがありました。「音程タブの【時間伸縮】から編集してください。・・・再生速度に応じてキーも変更したい場合は半音とセントを0にして下さい。」というのがポイントです。音程だけ直してもダメなので(音程だけ上げるとテンポが遅いままになってしまう)、必ず再生時間で調整して下さい。

こうして再生速度をびっちり修正した音源を聴くと、当時のおじいちゃん奏者達が、思っていたよりも少しだけ速いテンポでキビキビと演奏していたことがわかり、軽く新鮮です。音質は徳間Dan修正版の方がベースのスラップ音(バチバチ音)が立っていて、Jazzology版(上記サンプルからの想像ですが)よりも良い気がします。修正に伴う音質劣化は、私の耳では特に認識できません。同様にして、カセットテープからデジタル化してあった他の手持ち音源を総点検し、不合格となったLP約30枚分の音源につき、ピッチを順次修正しました。こちらはピッチずれが更にひどくて、なにしろ当時(1980年代後半)の私はLP音源を、道で拾ってきたカセットデッキで録音しておりましたので・・・。以上、最初からJazzology発のデジタル音源を聴いている若い人には関係のない話でした。それ冒頭で書けよ、ってか。笑。

※2018.4.15追記:西荻窪「ミントンハウス」のマスター福元さんに質問したところ、「そうそう、(徳間Dan盤の回転は)速いんだっけ遅いんだっけ?あれは仕方ないんだよね、ウィリアム・ラッセルの家にデンスケを担いで録りに行ったんで」とのこと。さすが!通の方はお気づきだったのですね。

----------
*注1:徳間DanのAmerican Musicシリーズは、たしか監修者さんが現地ニューオリンズの原録音者William "Bill" Russell翁を訪ねて、ご本人立会いの下で、割れやすいアセテートのSP原盤から1曲ずつ採録したという労作ですが、採録にあたってRussell翁がバイオリンでピッチを1曲ずつ確かめた、ということでしたので、これを尊重・配慮・忖度してピッチを動かせなかった・・・といった事情があるのかもしれません。
*注2:当時の熱い意気込みが伝わる広告類はこちら (audio sharingさん)。徳間Dan版はLP・CDいずれも現在で言う「神テイク」が厳選されていて、音質も力感があり、ライナーノートも充実と、全体としては作り手の熱量が感じられる良心的な商品だと思います。中古盤が350円とかで投げ売りされてたら今でも断然「買い」でしょう。同じAmerican MusicシリーズでもJazzology版(CD・ダウンロード)は、資料的な性格が強いのか、だめなテイクが結構あり冗長気味、音質もノイズ処理のせいかビビッドな要素が不足していてカスカスであり、自分的には今ひとつ興奮できない印象です。
*注3:米国では1917年に現在と同様のA=440Hzの基準ピッチが制定されたものの、それ以前はむしろA=461Hzと高かったようであるため(こちらの記事)、時代考証的にも、音源のピッチを殊更に低く想定することには合理性がなさそうです。




[PR]

# by jazzboilers | 2018-01-28 16:33 | ディスクレビュー | Comments(0)
2017年 12月 17日
12/17(日)上野「小松宮像前」決行です
本日は終日晴天、上野「小松」は決行です!

(1) 0-1pm
(2) 1-2pm

開始・終了とも普段より大変早いです。最高気温9度、厚着で!



---

[PR]

# by jazzboilers | 2017-12-17 09:23 | Comments(0)
2017年 11月 19日
11/19(日)上野「小松宮像前」決行です
本日は終日晴れの模様、上野「小松」は決行です!

(1) 2-3pm
(2) 3-4pm

開始・終了とも普段より遅いです。最高気温12度、厚着で!



---

[PR]

# by jazzboilers | 2017-11-19 11:32 | Comments(0)
2017年 10月 29日
10/29(日)「ヘブンTokyo」、雨のため出演とりやめ
本日の「ヘブンアーティストTokyo'17」は台風22号が直撃です。予報は各社とも終日雨で、上がる時間帯も全く無いとのこと。

[1] 日本気象協会 http://goo.gl/4cYUv8
[2] ウェザーニュース社 http://goo.gl/LrqNi

イベント自体は決行のようですが(雨中でも実演する方はおられるようです)、我々は楽器があるので無理。残念ですが今回は出演辞退とさせて頂きます。このイベントは出演9回目ですが、雨天辞退は初めてです。来月は11/19(日)上野公園「小松宮像前」2-4pmの予定。

[PR]

# by jazzboilers | 2017-10-29 09:54 | Comments(0)
2017年 09月 24日
9/24(日)上野不忍池「下町風俗資料館前」決行です
本日は終日降水確率0%、不忍池「下町」は決行です!

(1) 1-2pm
(2) 2-3pm

終了が普段より早めなのでご注意下さい。


ーーー

[PR]

# by jazzboilers | 2017-09-24 09:11 | Comments(0)