2017年 04月 09日
4/9(日)光が丘公園は中止
おはようございます。予報は日本気象協会が「曇」ながら、ウェザーニュース社が「14時台まで雨」、

そして現在現地は雨のようです。
参考ツイート→こちら

ということで今日のライブは中止にします。ああ桜が丁度満開なのに。次回はGWの吉祥寺です。


---

[PR]

# by jazzboilers | 2017-04-09 10:13 | Comments(0)
2017年 03月 19日
3/19(日)上野「大噴水前(パークサイドカフェ側)」決行です
本日は終日快晴、上野公園は決行です!

最高気温17度!

上野公園は桜の開花が早くて、もう咲き始めているみたいです。
(1) 0-1pm
(2) 1-2pm
演奏が普段より早い時間帯ですのでご注意下さい。




[PR]

# by jazzboilers | 2017-03-19 08:50 | Comments(0)
2017年 01月 08日
1/8(日)上野「蛙噴水」は中止にします
tp宮田さんが風邪で欠席になったため、本日のライブは中止にします。大変残念です。

次回の予定は2月いずれかの日曜日(中旬?)を予定していますが、寒い時期のため、「良い場所が予約できなければお休み」にするかもしれません。1/16(月)頃に決定してスケジュール頁に出しますのでチェックして下さい。


---

[PR]

# by jazzboilers | 2017-01-08 08:50 | Comments(0)
2016年 12月 11日
12/11(日)上野「こども広場」決行です
本日は終日快晴、上野「こども広場」は決行です!

演奏は1-3pm、最高気温9度、厚着でどうぞ!!笑

我々の前後はヨーヨーパフォーマンスとジャグリングの金子隆也さんとのことで、こちらも楽しみです。


---
[PR]

# by jazzboilers | 2016-12-11 10:29 | Comments(0)
2016年 11月 25日
1929年のジャズブラスバンド、懸案の発掘動画がついにウェブ公開に
久々にMoving Image Research Collections(米サウスカロライナ大学図書館の動画アーカイブ)をチェックしたところ、いつのまにか追加されていた「1929年2月12日・マルディグラ(没テイク集)」という動画に、ニューオリンズの黒人ジャズブラスバンドがパレードする様子が1カットだけ写っていました(右の写真)。5:25-7:00です。

e0234219_204444100.jpg
従来、ジャズブラスバンドの録音は、1945年のBunk Johnson's brass band以前には全く存在しなかったものとされてきました。ところがこの動画はそれから更に16年も古い上、なんと映像つき!!という非常に衝撃的なものです。

約1分半の短いカットですが映像・音声共に鮮明で、臨場感が高いです。曲はWhoopin' bluesでしょうか。メンバーは判別できませんが、clはJohn Casimirかと思われます。スーザフォンはWilbert Tilmanでしょうか?バスドラムのおじさんがノリノリですね。レコーディングが存在する1945年(昭和20年)以降のニューオリンズのジャズブラスバンドの演奏スタイルが、この時点(昭和4年!)で既に完成していたことが判ります。

検索で見つけた書籍「Early Twentieth-Century Brass Idioms: Art, Jazz, and Other Popular Traditions」(2005/Howard T. Weiner 編/P.62)によりますと、「近年に発見された1929年マルディグラ当日のFox Movietoneニュース映画の一場面には、ズールー王の山車の前を行進する(おそらく)ユーレカ・ブラスバンドが、カメラが据えられたキャナル通りからベイズン通りへの角を曲がるところが写っている」とのことで、特徴が一致していますので、自分的に見たいとずっと思っていた「Eureka Brass Band in the Zulu Parade, Mardi Gras Day, Fox Movietone News (1929)」とはこの動画のようです。

謎に包まれた初期ニューオリンズジャズのブラスバンドの記録としては、別稿の1928年のものと並んで、世界で最も重要な1カットとみて良いでしょう。
なお4:04-4:40には、ココモジョーかと思われる例の少年の演奏が写っていました。

関連記事:
少年時代のココモジョーらしき動画フィルムが!/1928年のジャズブラスバンドも


---
[PR]

# by jazzboilers | 2016-11-25 00:29 | ディスクレビュー | Comments(0)